認知症の原因について

高齢化社会に伴い、老人の数が急速に増えています。
年を取った時に、誰もが元気でいたいと思いますね。
そして認知症にはなりたくないと思ってしまいます。
それは、自分自身の辛いし、周りの人にも迷惑をかけてしまうと思ってしまうからです。
その認知症は、自分でならないように気をつけることができる内容と、できない内容があります。
その疾患による認知症について、まとめてみました。

・アルツハイマー病
認知症というと、この疾患を思う人が多いと感じます。
それだけ知られている疾患となります。
アルツハイマー病は、自分では予防することができない病気です。
それは、脳が神経細胞が減少することによってなり、その後に脳の萎縮が見られます。
そしてそれは進行をすることになります。
進行をすると、歩くこともできなくなり、寝たままの状態となることもあります。
はっきりとした原因については、不明となっっています。

・低血糖症
低血糖となって、その症状が見られることがあります。
普段の生活をしている時に、血糖値が下がったと思った時、頭が働かなくなりますね。
その症状が特にひどくなった時、その後に認知症を発症することがあります。

・パーキンソン病
パーキンソン病は、神経伝達物質が減少することによって、起きる疾患です。
有名人でも、このパーキンソン病になっている人がいますね。
内服薬を飲むことによって、その症状を抑えることができます。
しかし、内服薬の副作用でも認知機能を下げることがあるので、認知症になりやすいと言われています。

・びまん性レビー小体病
レビー小体という物質によって、神経細胞が減少します。
そのことによって、進行をすると、認知症の症状が現れることがあります。

・ALS等体の機能が低下することによって認知症を発症
ALS、甲状腺機能低下症等を発症すると、体の機能が低下します。
そしてその後に、認知症になる確率が高くなります。

その他としても、その疾患を発症することによってその後に、認知症となる疾患がたくさんあります。